パノラマ動画カメラ

パノラマ動画専用カメラの出現

当社ではパノラマ動画の撮影には、GoProというアクションカメラを6台使用した撮影機材を用いて撮影しています。この撮影手法では、完成動画の解像度が高くなるメリットはあるものの、6つの動画ファイルをパノラマ合成するという手間がかかるのも事実です。パノラマ動画が人気が高まる昨今、いよいよハードウェアで撮影からパノラマ合成までしてくれる、パノラマ動画カメラの発表が相次いでいます。ここでは個人的な備忘録の意味も込めて、パノラマ動画専用カメラの概要をまとめておきたいと思います。
追記:2014年10月29日にTHETAを追加。
追記:2014年12月16日にSP360を追加。
追記:2015年1月6日にALLIE、Project Beyondを追加。

RICOH THETA m15

2014年11月14日に発売が決定し、開発者向けのAPI/SDKの公開も決まっているのが、RICOH THETA m15です。詳細については、「動画に対応したRICOH THETA m15 (第2世代)新発売」としてブログ記事を記載しましたが、他のパノラマ動画カメラに先駆けての発売や、個人利用としては実用レベルである画質など、他の製品と比較して1,2歩先を行っているでしょう。

・スペック:カメラは2つ、各約180度(魚眼)の視野角。
・発売時期:2014年11月14日
・価格:3.5万円
・動画解像度:最大 1920p/15fps
・大きさ・重さ:42mm(幅)×129mm(高さ)×22.8mm(17.4mm※4)(奥行き)・約95g
THETA (開発会社:日本)の詳細ページはこちら

KODAK PIXPRO SP360

KODAK PIXPRO SP360 は11月21日に KODAK(販売代理店:マスプロ電工)から発売された手のひらサイズのアクションカム。最大の特徴はその画角と付属ソフトの性能です。F2.8の明るい単焦点レンズを備え、FullHD 360°×214°の全方位視野での撮影が可能です。Wi-Fi経由でPCにデータが転送できることに加え、iOSおよびAndroid用のアプリからもコントロールが可能です。「防水ハウジング」「自転車用ヘルメットストラップマウント」など多様なアクセサリーも嬉しいですね。

・スペック:カメラは1つ、水平方向360度、垂直方向214度。耐衝撃、防滴、防塵、耐低温。
・発売時期:2014年11月発売済み。
・価格:オープン価格(マスプロWebサイトでは税別41.500円)
・動画解像度:Full HD撮影1920×1080:30fps
・大きさ・重さ:手のひらサイズで103グラム
SP360(販売代理店:日本)の詳細ページはこちら

Bublcam

Bublcamはここに掲載しているカメラの中では最も早く発売が予定されており、先行者利益のようなものを獲得できる可能性が高そうです。球形のデザインは洗練されており、スマホアプリ、開発者向けのSDKやAPIの提供、クラウドでの保存等にも対応予定で、一般ユーザから開発者など幅広いユーザに受け入れられそうです。BublcamのKickstarterでは目標額10万カナダドルに対して、約35万ドルの獲得が決定してますね。

・スペック:カメラは4つ、各190度の視野角。
・発売時期:2014年9-10月
・価格:579 米ドル
・動画解像度:最大 1080p/15fps
・大きさ・重さ:半径4cmの球状・280グラム
Bublcam (開発会社:カナダ)の詳細ページはこちら

360cam

360camを開発しているのはフランスのGiroptic社で、この会社は360camの前にはGirocamというパノラマ静止画カメラを開発・販売していました。実は弊社も1台所有しており、パノラマ静止画の合成処理がハードウェア内で出来ることから重宝しておりました。パノラマに関する実績という意味では360camは安心かと思っています。また、360camのKickstarterでは目標額15万ドルに対して、すでに110万ドル(2014年6月現在)の獲得を達成しており、開発に必要な資金力も十分なのかもしれません。アクセサリーも水中用レンズキャップや、ストリーミング用付属デバイス、スマホアプリ等充実しており、もっとも高機能と言えるでしょう。

・スペック:カメラは3つ、各185度の視野角、合計360度x300度。防水。
・発売時期:2014年11月
・価格:249 米ドル(アクセサリー無し/Early Bird版)から
・動画解像度:2048×1024/30fps
・大きさ・重さ:手のひらサイズで180グラム
360cam (開発会社:フランス)の詳細ページはこちら

CENTR

CENTRの開発は元アップルのエンジニアが中心となっているそうです。円筒形のデザインが示す通り、水平方向は360度カバーできますが、天頂と底面は撮影できないようです。スマホアプリからCENTRの各種設定も変えられるようになるようです。CENTRのKickstarterでは、目標額90万ドルに対して60万ドルしか集まらず、こちらでの資金獲得は失敗に終わってしまったのが残念でした。

・スペック:カメラは4つ、各110度の視野角
・発売時期:2015年2月
・価格:399 米ドル
・動画解像度:6900×1080/30fps
・大きさ・重さ:半径約3.5cmの薄い円筒状・250g
CENTR (開発会社:アメリカ)の詳細ページはこちら

360fly

360flyは、米Voxx社とEyeSee360社が共同開発したパノラマビデオアクションカメラ。特徴としては他のパノラマカメラと異なり広角魚眼レンズを1つだけ搭載したカメラです。またサイズもテニスボールサイズ大なので、他のパノラマカメラと比較すると、小さめであることも特徴的です。使用用途はヘルメット上部につけてのスポーツや、テーブルの中央に置いてパーティーの撮影など一般消費者向けです。

・スペック:カメラは1つ。合計360度✕240度
・発売時期:2014年末
・価格:約400 米ドル(予想)
・動画解像度:不明
・大きさ・重さ:手の平サイズの球体・120g
360fly(開発会社:アメリカ)の詳細ページはこちら

Ladybug5

Ladybug5はカナダ、バンクーバーにあるPointGrey社の製品で、同社の全方位パノラマデジタルカメラLadybug3の後続機です。五角形で縦長のボディに6台のレンズが付き、上方含めた360度の領域をカバーします。値段帯などからハイエンド向けの製品で、消費者というより企業向けの製品と言えます。

・スペック:カメラは6つ。合計360度✕180度
・発売時期:発売済み
・価格:約20,000 米ドル
・動画解像度:2448×2048/10fps
・大きさ・重さ:五角柱型・3000g
Ladybug5 (開発会社:カナダ)の詳細ページはこちら

iSTAR

iSTARは、イギリスのNCTech社の製品で、本体に4つのカメラとレンズが配置され、本体内部でパノラマが合成される。いくつかモデルがあり、iSTAR Fusionでは静止画のみ、iSTAR Pulsarでは動画撮影機能に加え、PCやモバイルへのライブストリーミング機能もつく。タブレットなどからのWi-Fi操作等も可能。Ladybugシリーズと比較すると少々安価ですが、こちらもハイエンドで企業向けの製品であると言えます。

・スペック:カメラは4つ、各137度の視野角。合計360度✕275度
・発売時期:発売済み
・価格:7,995 / 13,495 米ドル
・動画解像度:10,000×5,000px±7%
・大きさ・重さ:約10㎝の立方体型・1400g
iSTAR(開発会社:イギリス)の詳細ページはこちら

ALLIE

ALLIEは米国にあるIC Real Texh社の製品で、水平方向360度かつ垂直方向360度を撮影できるパノラマビデオカメラです。WiFi機能を搭載しており、専用アプリ上で撮影した映像をiPadやiPhone・Androidなどで閲覧する事ができます。ラインナップはプロ用/ホーム用/ホビー用の3種類に分かれているので、目的に沿ったデバイスを選定できます。

・スペック : カメラ2つ、水平方向360度、垂直方向360度、8倍デジタルズーム(Pro)、4倍デジタルズーム(Home/Play)、ifi機能、撮影時間2時間(SD使用時)
・発売時期 : ALLIE Pro(2015年3月)、ALLIE Home(2015年後半)、ALLIE Play(2015年後半)
・価格 : ALLIE Pro(3000米ドル)、ALLIE Home(500米ドル未満)、ALLIE Play(500米ドル未満)
・レンズ : 13メガピクセル(1レンズ辺り)、720dpi
ALLIE(開発会社:米国)の詳細ページはこちら

ALLIE Pro

Project Beyond

Project Beyondは韓国のSamsung Electronics社で開発中の製品で、3Dの360度動画を撮影できる高精細カメラです。合計17台のHDカメラで全方位の3D動画を記録でき、さらにリアルタイムでVRヘッドセット「Gear VR」に映像をストリーミング再生可能なため、イベントなどをリアルタイムで配信できます。は現在は開発段階であり、発売は未定です。

・スペック : カメラ17台、水平方向360度、垂直方向360度、3D撮影、ストリーミング再生
・発売時期 : 未定(開発段階)
・価格 : 未定
・カメラ : 35メガピクセル(1カメラ辺り)
・大きさ : 直径約6インチ(約15cm)
Project Beyond(開発会社:韓国)の詳細ページはこちら

 

弊社ではパノラマ動画の撮影・編集サービスも実施しております。サンプル動画等もありますので、ご興味のある方はPanoplaza Movie: 360度全方位パノラマ動画のページもご覧下さい。

関連記事

  • Insta360 Nanoで撮影したラオス・カン

  • Entapano 2で撮影したラオス・カンボジア

  • 360度動画音声のspatial audioを録

  • Giroptic社 360camのレビュー

最新の記事

Insta360 Nanoで撮影したラオス・カンボジア

...続きを読む

Entapano 2で撮影したラオス・カンボジア

...続きを読む

360度動画音声のspatial audioを録音できる「H2n

...続きを読む

お問い合わせ

サービスのお問い合わせについてはこちらからお願いします

フォームでのお問い合わせ

CONTACT US

電話でのお問い合わせ

03-6451-3560

受付時間(平日)10:00 - 18:00